MENU

blog

ブログ記事

2021年05月10日

Amazon商品のパテント侵害と対策

 

 

アマゾンのプラットフォームでは、多くの出品者が特許侵害されたことがあると思います。商品のメーカーや代理店も法的権利と利益を保護する必要があるため、知的財産保護法を使用して市場の競合他社を抑圧していますが、それは売り手にとっても大きな悩みのです。

 

特許侵害に関する苦情の中には、必ずしも真の侵害ではないものもあるため、自身を保護する方法がわからない場合、商品の販売は停止され、アカウントも停止されてしまう可能性が高いです。

 

 

製品が著作権を侵害しているかどうかを判断する方法は何でしょうか

 

まず、設計特許調査を実施して、侵害の疑いのある特許がどの国で保護されているかを判断します。

 

 

いくつかの一般的な国の商標特許データベースを一覧表示します。

 

1.世界知的所有権機関:http://www.wipo.int/portal/en/

 

2.米国USPTO:http://www.uspto.gov/patent。

 

3.EU EPO:http://www.epo.org/

 

4.日本JPO:http://www.jpo.go.jp/

 

 

製品が販売されている国と特許を取った国が同じの場合、特許侵害の疑いがあります。第二は特許デザインの要点と特許によって公開された権利を確認することです。

 

訴えられた製品が特許取得済みのデザインの要点を持っていない場合、全体的な外観も同じではなくでも、侵害されない可能性もあります。

 

その場合は競合他社がわざと難癖をつけた可能性があります。よって、上訴に積極的に協力し、十分な証拠を提供すれば、プラットフォームによって罰せられることは基本ありません。

 

 

 

全体として外観の特許侵害を構成するかどうかをどのように判断するのか?

 

消費者の視点から見ると、見た目も機能も、類似度が60%を超えると侵害となる可能性があります。

それが侵害を構成するかどうかは、実際には審査員主観的な要因も含まれています。

 

 

 

外観特許が侵害と最終的に判断された場合はどうすればよいですか?

 

Amazonの侵害の判断に対してクレームするには次の4種類があります。

 

1.著作権の問題。

 テキスト、写真、ビデオ、音楽、ソフトウェアなどの著作権で保護された素材の不正使用

 

2.商標の問題。

 許可なく商品の出所を特定および区別する単語、フレーズ、記号、および/またはデザイン

 

3.特許の問題。

 

4.その他のクレーム。

 感動できそうな苦情の内容を書き、アマゾンによって大目にしてくれる可能性もあります。

 

説明は主に次の3つのポイントに集中しています。

 

1.著作権を侵害している疑いのある商品を販売したり、著作権を侵害している疑いのあるコンテンツをアップロードしたりする理由

2.権利を侵害しないようにするために講じた措置

3.将来の侵害を回避する方法

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ