MENU

news

お知らせ

2021年08月17日

あなたも「せどり」をはじめてみませんか?

 

 

コロナ禍の今、おうち時間を過ごすことが多くなり、「副業」でもはじめてみようかなとお考えの方もいるのではないでしょうか。

副業のなかでもはじめやすいといわれている「せどり」についてご紹介します。

 

 

せどりって違法ではないの?転売とは違うの?

 

せどりとは、商品を仕入れて利益を上乗せして販売し、差額分を稼ぐことです。

せどり自体は違法ではないのですが、なんでも売っていいというわけではなく、許可が必要なものや、売ってはいけない商品もあります。

転売とは、入手困難な商品や限定商品などを転売目的で大量に仕入れて高額で販売することなので、せどりとは少し目的が違いますね。

 

 

せどりをはじめてみたいけど、初心者でも大丈夫?

 

せどりは副業のなかでも比較的はじめやすいとされています。

そのポイントとして、まずは初期費用が少ないことです。

特別な機材なども必要ありません。商品をリサーチしたり仕入れ先を探すのに、スマホやパソコンがあれば十分、あとは発送するための資材くらいです。

次に、あいた時間でできるということです。

商品のリサーチは、お仕事の休憩中やご自宅でのすきま時間など、場所や時間を問わずおこなうことができます。

もちろん、特別な資格やスキルも必要ありません。

 

更に、この度、THE直行便は困っているあなたに超おすすめの店舗運営コンサルタント「ライトプラン」を発表致しました!

中国輸入ノウハウと仕入れサイトを見つけ方、中国語が分からない人の見方として、日本、シンガポール、中国出身の講師と提携し、店舗運営をサポート致します!

 

 

せどりを成功させるコツ

 

せっかくはじめるなら、失敗したくないですよね。

せどりを成功させるためのポイントをご紹介します!

 

■商品を見極めよう!

まずはどんな商品を売るのか、その商品に需要があるのか、どんなものが売れているのか、しっかりと市場調査を行いながら商品をリサーチしましょう。

 

■商品画像にこだわろう!

ECサイトやフリマアプリなどで販売する場合、購入者にとって商品画像は重要なポイントとなります。

写真はさまざまな角度から撮ったり、壁紙や小物を使ってみたり、逆に真っ白にして商品を見やすくしたり、購入したいと思えるような商品画像を多めに用意しましょう。

また、㎰技術がなくても、THE直行便では丸投げ写真補正サービスがあり、登録希望の商品写真を共有頂くだけで、写真再撮影、写真補正、コーディネート組みなどの手法でオリジナル素材を作成いたします!

 

 

せどりおこなう際の注意点

 

まずは出店先の利用規約などを確認し、販売できない商品を仕入れないようにしましょう。

許可が必要なものは手続きを行い許可をとりましょう。

そして少しずつの規模ではじめていきましょう。

慣れてきたら売れ行きやタイミングをみて徐々に規模を大きくしていきましょう。

 

 

自分で仕入れが難しいときは?

 

日本国内では安く仕入れられないけれど、中国や海外からの輸入をするのは心配…という方も多いのではないでしょうか。

中国からの仕入れや発注がまるごと依頼できる「THE 直行便」なら、中国語が話せなくても心配いりません。経費がかかるのがネック、という方にもリーズナブルな価格設定でお気軽にお試し頂けます。

売りたい商品に似た商品を代わりに探したり、仕入れたりするのもおまかせ。

BASEやShopifyを利用して販売している方には特におすすめで、サイトと弊社システムを連携し、お客様からの注文が入ると発注が自動で行えるようにもなります。

 

このたび人気で応募を停止していた月額9,800円コースの受付を再開することにいたしました。手軽に開始したいお客様は、是非お問い合わせまでお願いします!

多くのお客様にご利用いただいており、弊社一番のおすすめコースです。

中国輸入が初めてだったり、何を仕入れたらいいのか分からないといったご相談からでもOK!

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

 

トップ