MENU

news

お知らせ

2021年04月14日

アマゾンのCPC広告で上位に表示される要素

 

アマゾン広告は現在、主要なプラットフォームの有料サービスの中にコンバージョンレートが一番高い手段だと思われており、CPC広告を打つ重要性は言うまでもありません。

では、CPC広告とは何か、 CPC広告の掲載順位を向上させる要素について確認していきましょう。

 

1.CPC広告とは

CPCはCost-per-clickの略語で、1クリック当たりの料金を指します。

消費者がAmazonでそのキーワードを検索すると、Amazonで商品の表示を上位に表示されることができます。

 

2.AmazonにCPC広告のランキングに影響を与える要因

AmazonのCPC広告のランキングメカニズムとルールを理解するには、プラットフォームは利益最大化を目指している本質を見透かす必要があります。

それに、Amazonは、顧客満足度に細心の注意を払うプラットフォームでもあり、低品質な製品やユーザー体験を傷つくことに厳しいプラットフォームです。

つまり、Amazon CPC広告のランキングは、クリックレート(CTR)と注文のコンバージョン率に関わっています。

 

CPC広告に関して、同じキーワードで支払う価格が高い方が、ランキングに優先されます。そうすることで多くの消費者が広告をクリックしてリストページにアクセスすることができます。しかし、リストの販売量が少なく、評価も良くない場合、注文コンバージョン率が低くなりかねます。アマゾンの方に品質がよくないと判断され、ランキングも落ちてしまいます。

 

では、AmazonのCPC広告のランキング要素は何でしょうか?

 

1.一定の範囲内で入札額が高いほど、上位にランク付けされる可能性が高くなりますが、限界があります。

 例えばクリック単価より2〜0.5米ドル高くなると十分で、 1米ドル以上払っても結果はほとんど変わりません。

 

2.最も重要なポイント:コンバージョン率を分析。

 コンバージョン率が高いほど、上位になります。

 CTRのクリックコンバージョン率(クリック数をインプレッション数で割った値)とACOSに基づいて広告の効果を分析できます。

  • クリック率が低すぎる場合、メイン画像を変更する必要があります。製品を魅力的に見せてください。
  • 注文のコンバージョン率が低い場合、広告レポートにASINコンバージョンを確認することができます。コンバージョンが1%も未満の場合、写真、タイトル、セールスポイント、レビューなどから詳細ページの情報を全面的に最適化する必要があります。

参考url:https://www.cifnews.com/article/91340

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ