MENU

news

お知らせ

2021年07月02日

プライムデー商品選定の落とし穴に要注意

今日の記事では、Amazonの売れ筋商品で、パテント侵害されやすいカテゴリーに焦点を当て、おもちゃ、フィットネスカルチャーで人気になったマッサージ製品、またはサマーシーズン製品などについて整理しました。

おもちゃ類

1. Fidget toys

Fidget toys一部の製品、特に円形と正方形のスクィーズ系のバブルデザインは、この前流行った「Last Mouse Lost」というおもちゃの外観特許を侵害する可能性が非常に高い. 商品特性に関連する「POP」という言葉の使い方にも注意が必要です。

2.Tee Turtle

昨年10月に大人気となったこの商品の特徴は、フリップデザインで良い気分と悪い気分の両方を表示できることです。

外観とリバーシブルのデザインも特許を取ったので、出品の商品を検査したほうがいいです。

3.MiniBrands

このミステリーボックスおもちゃは球形のカプセルのような形をしており、5 つの異なる「ミニ製品」が含まれています。

このようなオリジナル玩具は、商標や外観、写真にかかわらず著作権が保護されているため、タイトルや説明にトラブルが生じないよう、販売者は注意が必要です。

マッサージ用品類

以下の商品はどちらも外観の特許権を取っており、アマゾンヨーロッパに保護されています。

夏のシーズン用品

実際のビジネスにおいて、特許製品の販売が必ずしも侵害の訴えにつながるとは限らない.侵害通知が届かない主な理由には、次のようなものがあります。

  1. 特許権者はまだ申し立てていない
  2. 特許権者は申し立て中

しかし、リスクを避けないと、一度侵害が起訴されると、口座の資金が凍結され、多額の和解金が支払われる可能性があります.すべてのプロセスが完了した後、売れ筋商品とはほぼ無縁になってしまいます。 プライムデーの前に、出品者は慎重に行動しましょう。

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ