MENU

news

お知らせ

2021年04月20日

悪いレビューへの対策と改善

 

 

一般の売り手として、そのような悪意のある悪いレビューを防ぐ方法、または競合他社に意地悪い評価を付けられた後の対策はあるでしょうか?

 

 1. コア・コンピタンスを構築する

まずは、独創的なコア・コンピタンスがなければなりません。

ライバルが何をしようとしてもより多くの資金と技術リソースを費やす必要があります。

たとえば、リストに数百のレビューがなければ、1つの悪いレビューに影響されやすいです。レビューを増やすにも、ある程度の資本と支援リソースが必要です。

 

2. お客様サポートに積極的に手を出す

リアルの購入者が書いた否定的なレビューについては、できる限り購入者の連絡先情報を見つけ、お客様サポートがに相手に連絡して、お客様に納得できるように、解決策を提供して、レビューが修正されるまで導きます。

 

3. 悪いレビュー率を減少させる

どうしても悪いレビューが削除できない場合は、好評数を増加して、好評率を高めます。テック手段を利用して、悪いレビューの削除を提供する会社もいますが、成功率は50~60パーセントしかない場合が多く、お店のコンバージョンレートも影響されるリスクが高いです。

したがって、適度に好評数を買うのもいいですが、売り手のほうはプロモーション方法(値下げ、割引など)を通じて、肯定的なレビューを増やして好評率を高めるましょう。

 

4. 悪いレビューを通報(report)

買い手のアカウントを持っている場合は、登録してから悪いレビューにreportをクリックします。reportの数が妥当である限り、否定的なレビューの削除の可能性は高いです。現在、このサービスを提供している会社もありますが、全文と同じように、売り手は慎重に判断する必要があります。

 

上記の4つの方法以外、一貫した品質の製品こそ悪いレビューを防ぐ王道です。次々と悪い評価をされた時、このプロダクトの運営が必要か改めて考えてみましょう。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ