MENU

news

お知らせ

2021年04月28日

独立サイトのクリック数について

 

 

1.クリック数の分類

 

料金のかからないクリック数を得るにはプロのスキルが要求されます。

運営の周期は長く、コンテンツマーケティングは最新であり、専門性がないと、打撃を受けやすいです。したがって、無料のクリック数はコストもかからないという意味ではありません。

お金を使うことは間違いなくクリック数を獲得できますが、目標ユーザーを獲得と意味するものではありません。

 

2.ROIを追求するだけでは不十分

 

独立サイトの基本的な目的は利益を追求することであり、ROIが高いからといって利益が高いわけではありません。

最初はクリック数のROIが高くなりますが、後でコストが高くなると、クリック数が停止すると、ROIの効果はますます悪化してしまいます。

したがって、ウェブサイトの最適化は、支払い率、リピーター率、滞留時間、相乗セールス、詳細画面を最適化にする必要があり、広告への依存は注意しましょう。

 

3.データがもたらすもの

 

独立サイトを開始する前に、データの問題を考慮する必要があります。

ユーザーデータを適切に保存する必要があります。これにより、ユーザーを登録できるようになります。

収集するユーザー情報が多いほど、メールボックスの登録が有利になります。

早い段階でより多くのチャネルに投資することはオススメますが、データからクリックス数を分析することが一番簡単です。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ