MENU

news

お知らせ

2021年04月14日

自身のサイト作成のために

 

Shopifyの特徴

全自動プラットフォームである

シンプルで使いやすい

技術的な要件が少ない

開発費がかからず、必要に応じて月額賃貸料を選択できる

サイトの建設期間が短く、迅速に立ち上げることができる

SEOの操作も簡単で全体として、初期費用は低く、投資も少ない

 

ただし、技術チーム(R&D、アート、コピーライティングなど)を持つ販売者やブランドの場合、開始速度が非常に速く、Shopifyの取引手数料コストが高くなるため、製品に非常に複雑で多くのオプションがある場合、Shopifyでは実現できない可能性があります。

従って、システムを選択するときは、自分の状況やシステムの特性に応じて選択する必要があります。

 

自身のリソースの利点を理解する方法

 

  • 製品

製品を選択する際には、製品の性能、市場、および価値を考慮する必要があります。製品の利点を最大化するようにしてください。ブランディングと高品質の製品が最良の選択です。

 

  • 資金

独立局にはリソースが蓄積されていないため、注文を出しやすいプラットフォームとは異なり、フォローアップには継続的な投資と一定のサイクルが必要です。したがって、プロジェクトの予算、資金調達サイクル、およびサプライチェーンを考慮する必要があります。

 

  • データ

既製の市場データ、ユーザーデータ、交通データなどがあるかどうかを検討します。たとえば、AliExpressやeBayを行う場合、海外のバイヤーのデータが得られるため、運用促進計画を簡単に作成し、正確なマーケティングを実現できます。

 

  • チーム

チームは非常に重要であり、技術、運用、投手、顧客サービス、製品開発などです。独立局の運用を開始するには、2〜3人以上のチームが必要です。最初にチームサポートがある場合は、技術サポートなどの一連の問題を解決する専門のサービスプロバイダーを見つけることができます。

 

上記の4つのアイテムを組み合わせて、独自の利点を判断し、独自のShopifyストアを作成してください!

 

※文章元:https://www.52by.com/article/40073

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

 

 

トップ