MENU

news

お知らせ

2021年03月26日

Amazon 外部の宣伝

 

Amazonの外部の宣伝には4つ主なチャネルがあります。

 

1.Fackbook

最大のソーシャルトラフィックを持ち、 Fackbooknには細分化されたグループがあり、売り手にとても良いチャネルです。

2.Instagram

オンライン写真共有、ビデオ共有、ソーシャルネットワーキングサービスを提供するアプリケーションです。このプログラムを使用すると、ユーザーは写真やビデオを撮影して、さまざまなソーシャルネットワークで共有できます。

3.Tiktok

最近非常に人気があり、多くの人がtiktokを利用し始めています。 tiktokに投稿することでたくさんの視聴回数を得ることができ、ファンを惹きつけるのに最適です。今がプラットフォームボーナス期間です。

4.Twitter

Facebookと同様に大人気のソーシャルソフトウェアとして、Twitterには多くのユーザーがいます。ただし、Twitterは短くてカジュアルなブログ投稿を好む傾向があるため、マーケティング効果の点では最初の3つチャネルほど良くありません。

 

 

アマゾン外部の宣伝はいつ行いますか?

 

製品販売の初期段階では、レビューや販売数が少なく外部での宣伝それを行うのは難しいです。

外部での宣伝には、以下の点を満たしていることをお勧めします。

 

1.サイト内で高レベルのトラフィックを達成する

 同じカテゴリのベストセラーの製品トラフィックを参照として、ベストセラーの製品トラフィックのレベルを達成することを意味するわけではありません。

2.商品リストのコンバージョン率を、主な競合他社よりも高くすること。

3.製品のPPCが80%を超えて、ACOSレベルが高い状態であること。

4.総合スコアは引き続き良好であり、基本的に品質の問題がない。

5.サイトで実行可能なさまざまな表示方法、特に競合製品の表示方法を使用するようにしてください。

 

 

Amazon出品者に登録したばかりの初心者や、運営もまだ完成していない場合は、このような外部広告を考慮しないことをお勧めします。Amazonプラットフォーム自体のトラフィックは十分です。外部広告は多くの時間を費やす必要があり、すぐに結果を生成できない可能性があります。

ただし、サイト内で一定のランキングを達成し、比較的安定している場合や、大幅な成長の余地が見られない場合に、独立したサイトであろうと他のリソースチャネルプラットフォームであろうと、ゆっくりと展開して最適化を開始できます。

 

 

最後に、アマゾン内で良い成績をするなら、アマゾン外部と並行して行かなければなりません。アマゾン内の宣伝すらも把握できず、外部で広告をやろうと考えるのは間違いです。

アマゾン外部の宣伝を行う前に、売り手は、レビューの数、評価、検索用語などを含む、リストの基本的な最適化を事前に行う必要があります。

 

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

 

 

トップ