MENU

news

お知らせ

2021年04月30日

Amazonが新企画プロモーションを開始

 

 

出品者は生中継で商品を売ることができる

 

 

amazon exploreとは、昨年9月ごろリリースされた新しいサービスであり、顧客に世界旅行をバーチャル動画で体験できる機会を提供します。

 

出品者は動画を見ているお客様にさまざまな使用シーンを体験してもらうことで、商品を販売しています。

 

公式の紹介動画では、世界中のベンダーが生中継で製品や文化、使用シーンなどを顧客に紹介することができます。例えば、メキシコのトルティーヤを作る道具の販売者が、トルティーヤの歴史や伝統的な作り方を紹介して、商品に組み込む形を利用しました。

 

同時に商品のリンクが表示され、購入者は商品の詳細を見たり、販売者とやり取りしたり、質問をしたりすることができます。もちろん、ライブを中止せずに商品を注文して購入までスムーズに繋がれます。

商品をプロモーションするだけでなく、エキゾチックな体験をするためにAmazon exploreを予約する場合も、事前に料金を支払います。遠隔地で遊ぶためのサービスとして顧客に販売する傾向が強く、ライブでの販売活動が始まりました。

 

しかし今回は、Amazon exploreサービスはプロモーションを目的として行われました。出品者がリラックスして商品を説明し、購入者が見ているうちに買う、というライブストリーミングのようなものです。今回のキャンペーンの内容について詳しく説明しましょう。

 

amazon exploreの販促コンテンツ

 

このプロモーションには2つの要素が含まれていると書きましたが、まずは初回のみamazon exploreを無料にライブ配信できます。普段はベンダーにとって無料のイベントではなく、ベンダーが設定したexploreサービスの価格から手数料を徴収しています。

ただし、他のリンクを通じて購入者に紹介することもできますが、支払いの手順は必ずAmazonで行わなければなりません。

 

今回のプロモーションの一つは、「explore」を無料で体験してもらうことですが、アマゾンはその体験に課金をしないため、売り手は安心してこの新機能を試してみることができます。

 

二つ目の特典は、デバイスの特典で、売り手がこのを利用するためには、 スタビライザーやスマホ、イヤホンなどのハードウェアを用意しておく必要があります。これらデバイスをアマゾンから購入すると、アカウントごとに1セットの補助金を受け取ることができます。

 

購入者に商品の使用シーンをダイレクトに伝えることができるので、ライブショッピングのほうが、通常のショッピングページよりもコンバージョン率が高いでしょう。

コロナ禍の影響で以前のように気軽に世界中を旅行することもできません。このサービスはかなりのポテンシャルを秘めており、予算によってプロのキャスターやガイドさんを招待して司会をするのも可能です。

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ