MENU

news

お知らせ

2021年03月16日

Amazonの返品 原因と対策 ~直行便のサービス紹介~

CKB ECIC 直行便 3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC  COMMERCE Institute CLUB)

本日はAmazonの返品 原因と対策に関して一つの研究結論を発表します!

 Amazonの出品者は、日々の店舗運営の中で返品依頼に遭遇することがありますが、これは避けられません。合理的な返品範囲内である限り、必ず対応しなければいけません。返品の一部は製品の問題、一部はロジスティクスの問題です。

では、売り手はどのようにしてAmazon製品の高い返品率を減らすことができるのでしょうか。購入者は返品の理由を知る必要があり、Amazonのバックオフィスを通じて、購入者が商品を返品する理由を表示および分析できます。返品の理由は様々で、出品者がAmazonストアの運営において抱えている深刻な問題を反映しているのではないでしょうか。

~返品を依頼される大きな原因~

1.購入した商品に不満があるそれが1回か2回だけ発生する場合、無視することを選択できますが、より頻繁に発生する場合、売り手は製品の品質が間違っているのか、それとも実際の製品がリストの写真とあまりにも異なっているのかを考える必要があります。

2.製品に欠陥がある製品が製造中に簡単に損傷するかどうかを確認し、工場を出る前に十分にテストされていますか?また、荷物が輸送中に押しつぶされましたか?回数が多すぎる場合、売り手はサプライヤーに生産プロセスの改善、工場を出る前の検査への注意、または梱包材の改善などを要求することができます。

 3.製品と商品詳細の不一致販売者の商品の説明が受け取った商品と矛盾しています。カラーや形、または商品の説明内容の不一致が原因です。このとき、売り手はストアの商品の自己検査アクションを実行し、リストのすべての詳細を注意深く確認する必要があります。

 多くの売り手は、他にも様々な返品理由に遭遇する可能性があり、定期的なチェック・分析が必要です。ただ見てみるだけで、分析したり改善策を講じなければ、問題の根本を明確に把握できず、製品を改善したり、リストを最適化する機会を逃してしまいます。

~返品率を下げるための改善策~

1.商品説明にサイズを指定するサイズに関係するカテゴリーの場合、売り手は主要な業界の売り手から商品説明にどのように表示されているかを知ることができます。情報は、人々が一目で理解できるように明確である必要があります。

2.製品情報は真実であること購入者は商品のウェブページに開示されている情報のみを頼りに商品選びを行います。販売者がセールスポイントを過度に誇張すると、購入者の期待が目に見えないほど高まります。しかし、購入者が商品を受け取った後、それらは彼らの期待を裏切るものであり、それらが異なっている、ギャップが大きすぎる場合は、返品、悪いレビュー、などにつながります。

 3.製品の梱包の強化タイトな梱包は配送中の破損を防ぐものであり、電子機器や精密機械などの一部のカテゴリーでは、購入者が破損した商品を受け取る可能性を最小限に抑えるための耐衝撃性が必須です。梱包テストは非常に重要であり、損傷しやすい製品については、最適化に時間を費やす専任の担当者を手配するのが最善です。

4.購入者との積極的なコミュニケーション購入者が商品を返品する場合は、返品の理由や製品の詳しい不具合を明確に理解し次の返品や商品販売に影響が出ないよう、対策を立てるようにする必要があります。

~直行便のサービス紹介~

 私たちTHE直行便は、日本大手の検品会社アサヒリンクと提携しており、日本基準の検品を行っております!検品中の不良品に対し、判断しにくい場合はすぐ出品者の皆様にご報告・確認します。

また、書面における検品基準・賠償基準もあり、弊社原因でのクレームが来た場合、確認でき次第責任を持って商品代金を賠償する仕組みになっております!THE直行便の検品を利用することでクレームの激減、商品ランキングが上がったという声がお客様から多数頂いていております!

さらに!THE直行便の包装は、割れ物に特化した包装サービスがございます。お椀を例にすると、梱包後の商品は1メートル以上から落としても割れません!

プチプチ梱包なり、強化梱包なりお任せください!!

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ