MENU

news

お知らせ

2021年04月30日

Amazonレビューを増加させる方法

 

 

レビューはAmazonでビジネスをするための命脈だと認識されています。

 

多くのアマゾンの店舗では、レビューによって商品の質を高め、より多くの取引や商品化を実現し、爆発的なコンバージョンを実現しています。

しかし、現在レビューへの規制が日々強化されており、偽レビューのリスクが高まっています。では、売り手はどのようにコメントを残すべきか、以下のポイントに注意してみましょう。

 

 

1、新商品レビューの増加数は毎日3点以内に抑えることに気をつけましょう、リスティングごとにレビュー数が多すぎるとアマゾンの審査を引き起こしやすいです。

 

2、製品レビューの数は、通常は販売数の半分以下のほうが合理的です。

 

 

では、どうすればうまくレビュー数を残すことができるのでしょうか?

 

1、褒めすぎて、いいことばかりのレビュー数は少なめにする。

 

2、購入してから3 ~ 5日後にコメントしたほうが自然に見える。

 

3、レビューの内容は商品の宅配利用体験、使用体験、操作過程、使用効果などから発想すると現実的で削除を招きにくいです。

 

レビューのアカウントについて、あまりレビュー率を持たず、1件ごとにコメントするのではなく、30%程度でいいのです。

 

評価代行会社を使う時、どんな問題点があるのか?

 

その評価代行会社のバックグラウンドと実力を確認する必要があります。

事業者の主体は会社なのか個人なのか、この会社の登記の年数、株主の構造と関系、実際の事務所の住所、チームの規模など、中国の評価代行会社を利用する場合は「天眼査」で調べることができます。

 

 

アフターサービスのサービス保障は具体的に何があるのか?

 

たとえば、事業者がレビュー残り率100%だと保証できるとしたら、嘘になるでしょう。

一般的にレビューの残り率は70%が合理的です。

 

そして、出品者に対する基本的な保障も確認しといたほうが良いです。

レビューの最小残り率は保障されているのか?

返品の返金保証はあるのか?

評価落ちの保障はあるのか? などを総合的に考える必要があります。

 

facebookやtiktokのプロモーションで実際の人を採用しているかどうかを見ると、多くの人がレビューの質は高いが、レビューの結果をコントロールすることができず、顧客は自分の使用感に応じてレビューを残したり、コメントを残したりできていないようです。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ