MENU

news

お知らせ

2021年06月21日

Amazon競争の激化・事業展開の加速

 

 

2021年初頭から、世界はCOVID-19の時代に入りました。この時代、多くの国境を越えた売り手は、2020年の業績は予想よりも良かったと述べています。

しかし、サプライチェーン、在庫、輸送、またはその他の問題により、多くの人々がある程度悪影響を受けています。最初にその矢面に立つのは、参入障壁が低く、あらゆるタイプのプラットフォーム販売者ですか?閲覧率が高い?使いやすい?

これらは、これらのプラットフォームの売り手にとって最も魅力的な場所かもしれませんが、同時に、静かに考慮しなければならない多くの問題もあります。

 

 

1.プラットフォームの売り手は何を心配していますか?

 

66%は、競争の激化により価格が下落することを懸念しています。

39%は、サプライヤーと消費者の間に直接的なつながりが確立されると、彼らが「仲介者」として市場から追い出されるのではないかと心配しています。

 

2.アマゾンのコストと費用が上昇

 

62%がAmazonの広告費の増加を心配している。

49%はAmazonで効果的な販売を行うために、将来さらに多くの資金が必要になることを懸念しています。

 

3.アマゾン自体との競争

 

56%は、Amazonが検索結果を変更し、有料結果を優先することを心配しています。

50%が、Amazonの自営商品は売り手の商品と直接競合していると述べています。

43%が、過去1年間に、Amazonは製品カテゴリーでの競争の激化に直面することを許可したと述べました。

 

4.安全で「ランキング詐欺」の売り手

 

48%は、自社の製品リストが盗用/模倣されることを心配しています。

31%がAmazonがプライバシーとセキュリティを保護できるかどうか心配しています。

12%が、Amazonビジネスの改善を支援するために「ランキング不正行為」を実施したことを認めています。

 

5.売り手のサポートとサービス

 

58%がAmazonでの良い売り手のサポートを欠いています。55%が、Amazonの突然または不当な制限、またはアカウントやリストの閉鎖について心配しています。

 

47%がAmazonのポリシーと利用規約の変更を心配しています。

20%が、ある時点でアカウント階層がAmazonによって停止されたと述べています(売り手の4分の1が理由がわからないと述べています)

 

多くのAmazonの売り手はまた、「費用さまざまな名前の料金が多すぎると、利益率に深刻な影響を及ぼしている」と述べています。「Amazonでの盗用やさまざまな小さな誤動作により、商品リストやアカウントが何度も停止されました。今年は、商品調査と比較して、問題ではないいくつかの「問題」に対処するためにより多くの時間を費やしました。

 

 

独立したウェブサイトビジネスを拡大するためのEコマースプラットフォームが一般的な傾向になっています

 

ますます多くのプラットフォーム販売者が、「ブランドはますます重要になり、プラットフォームへの外部トラフィックを引き付けることがますます重要になる」と信じて考えを変えています。彼らは単にブランドを拡大するのではなく、より良い市場を探し始めました。関連製品のニッチ市場であるこれは、全体として、市場の問題点を把握し、適切な開発方法を模索することがますます重要になっていることを示しています。

 

アマゾンを例にとると、2021年には、アマゾンの売り手の3分の1が他のオンライン市場にビジネスを拡大することを計画しています。 eコマース自体が繁栄するにつれて、ブランドがeコマースを行う方法は2021年に変化します。ほとんどのAmazonセラーが興味を持って拡大したいeコマース市場は主にShopify / Facebookマーケットプレイス/ WordPressなどを中心に展開しています。

 

したがって、そのような波の下で、ますます多くのプラットフォーム販売者が独立局を拡張し、プラットフォームの外に独自のWebサイトを作成し、独自のトラフィックプールを持ちたいと考えています。しかし、独立局のエコロジーと収益モデルに戸惑い、この事業を展開する時間があるかどうかわからない、あるいは彼を指導する専門スタッフがいないのではないかと心配しています。

 

上記の問題に基づいて、GoogleとのHugoの国境を越えた協力は、独立局を展開するプラットフォーム販売者によって引き起こされた問題点に対応して、特別なGoogleセーリングプランを開始しました。プラットフォームの売り手をリードして独立局のビジネスを開始し、プラットフォーム+独立局1 + 1> 2の統合マーケティング効果を強調し、より良い結果を達成します。

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ