MENU

news

お知らせ

2021年04月21日

Amazon 「バイボックス」を獲得

 

 

「Amazonバイボックス」は、すべてのマーチャントが手に入れたいゴールデンショッピングカートと言われています。Amazonバイボックスとは一体どんなものでしょうか?バイボックスに影響を与える要因、また、それを入手するにはどうすれば良いでしょうか?

 

商品ページの右上にあります。商品を検索したり買い物をしたりするときに、購入者が最も見やすい場所です。クリックさえすれば、ページは自動的にバイボックスが属するマーチャントストアにジャンプします。

アマゾンのすべての商品掲載画面では、購入ボックスの位置を占める一つのストアが選択されます。選択されている限り、注目と注文が安定して流れることを意味しますので、このゴールデン広告スペースを取得する方法を検討しましょう。

 

1. 競争要件

 

(1)バイボックスをめききする基本の条件は、Amazonのプロのセラーアカウントであることです。

 

(2)Amazonでの販売期間が2〜6か月である必要があります。これにより、販売者レベルを比較的高くすることができます。また、商品の配送レベルを保証した上、不良率が1%以内に抑える必要があります。

 

(3)製品の状態は新品であること、中古品または再生品がバイボックスに入ってはいけません。

 

(4)製品の在庫を確保するために、信頼できるサプライチェーンを確保する必要があります。

 

 

2. バイボックスに影響を与える要因

 

(1)注文履歴:注文完了率は、Amazonが競争要件を検討する際に主要とする条件です。一般的に、Amazon FBA注文は、プラットフォーム全体の中で最も完全な注文完了率を持っています。したがって、FBAを利用する販売者はバイボックス広告スペースを取得する可能性が高くなります。

 

(2)商品価格:商品の価格は、バイボックスの広告スペースを獲得する確率にある程度の影響を及ぼします。ストアの商品が全体的に、競合他社比較して価格上的な競争力が低い場合は、値下げするのはプラスになります。

 

(3)商品在庫:商品在庫は、バイボックスの広告スペースを確保できるかどうかを大きく左右するため、長期的に安定した供給源を確保する必要があります。

 

(4)顧客との連絡時間:顧客に応答する時間も重要な要素であり、多くのマーチャントに無視されやすい問題です。一般的に、バイボックス広告の機会を獲得するために、24時間以内に90%を超える購入者の質問に回答ることに注意を払いましょう。

 

 

参考url:https://www.cifnews.com/article/91756

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ