MENU

news

お知らせ

2021年05月27日

AmazonPrime Dayで売り上げが急増?売れ筋商品のカテゴリーを予測

 

 

 

 

 

2020年のAmazonPrime Dayはコロナにより10月に延期されましたが、今年は6月にAmazonPrime Dayが開催される可能性が高いです。それはは、売り手が海外の新学期に応じて売れ筋商品を作る重要な出口となるでしょう。

 

RetailMeNot(RetailMeNotは、多くのクーポンまたはキャッシュバックサイトを運営しており、ECサービスにクーポンを使用するエンタープライズサービス会社)が提供するデータにより、調査対象のアメリカの消費者の92%が2021年のAmazon PrimeDayを利用し新学期に使う商品を購入する可能性があることを示しています。

 

RetailMeNotの調査結果は、ほとんどの売り手が今年のPrime Dayについて楽観的であり、より適切な投資を行っていることを示しています。消費者側では、平均的な米国の消費者が2021年のプライムデーに約594米ドルを費やすと推定しており、調査対象の消費者の79%が過去数年間にプライムデーのプロモーションに参加しました。

 

RetailMeNotは、今年のプライムデーの人気カテゴリを発表しました。

-靴と衣類、44%

-台所用品、32%

-家/家の改善、30%

-スマートホーム製品、30%

-クリーニング用品、29%

-家庭用フィットネス機器、26%

-ビデオゲーム/ゲーム機、22%

 

RetailMeNotは、スマートホームデバイス、テレビとラップトップ、ファッション、美容、ペット製品、ツールとおもちゃなどの一部のカテゴリ、特にKindle、Echo、Amazon Fire TV Stick、Amazonの割引がプライムデー中に常に大幅に割引されていることを発見しませんでした。 HaloフィットネストラッカーなどのAmazonの自営製品は特に満足のいくものです。

 

また、この流行により、多くの売り手が昨年のプライムデーのトラフィックと注文の2倍のピークを迎えたことを発見しました。しかし、消費者数の増加により、需要と供給のバランスが崩れ始めました。

 

したがって、RetailMeNotは、売り手が消費者の期待や業界標準の変化に適応し、AmazonPrime Dayのプロモーション活動のタイミングについて、店舗のパフォーマンスへの影響を防ぐためのいわゆる「正確な予測」を行わないことをお勧めします。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ