MENU

news

お知らせ

2021年05月08日

Shopify 注文がない場合の対策

 

 

Shopifyのストアがオープンした後、訪問者も注文もなかったらどうすれば良いでしょうか?

 

まずは消費者に信頼してもらう必要があります。

Amazon、eBay、AliExpressなどはプラットフォーム上が購入者利益を保護政策があって、消費者は安心して注文できますが、Shopifyストアのすべてのポリシーは自分で作成するため、消費者があなたを信頼してもらうことが最初のステップです。

 

 

1.メンタル的な面を共有する

 

消費者が貴社のウェブサイトを見たときに暖かたを感じるようなサイトにしましょう。サイトに商品やブランドについての話を載せることができれば、すぐに店舗自身に対して加点できるでしょう。

 

多くの外国人のウェブサイトはこの点で工夫をしています。

例:https://theme217-animals-pets.myshopify.com/pages/about-us

 

このshopifyストアはお問い合わせページにあり、自店の歴史やチーム全体のメンバーを詳しく紹介しているので、消費者は安心して過ごせます。

 

 

2.コンテンツを通じて信頼を得る

 

ブログを書くや動画を作成するのが一番のコンテンツですが、動画作成のハードルが比較的高いため、ブログを書くことをお勧めします。ブログの投稿は商品を中心に書く必要があります。たとえば、女性のバッグを販売する場合、ブログ記事を書くことができます。「2019年で最も美しいハンドバッグ」、「バッグを作るための材料は何ですか」など。これらの記事を通じて、ユーザーにあなたの製品をよりよく知ってもらうと同時に信頼を得ることができます。

 

ブログ投稿のもう1つの重要な利点は、ウェブサイトにトラフィックを引き付けることができることです。記事はGoogle検索エンジンによって検索され、自然なランキングを取得します。これは閲覧量を引き付けるための重要な方法です。

 

 

3.ウェブサイトのセキュリティを顧客に示します

 

消費者が安心できるように支払いカウンターに支払いセキュリティバッジを表示するなど、詳細をWebサイトで大胆に注文できるようにするために、これをアプリで使用できます。

McAfeeSecureShopifyプラグインが良い例です。

ユーザー情報の保護に役立つだけでなく、有名なセキュリティ会社のバッジをWebサイトに配置することで、消費者に信頼感を与えることができます。また、TRUSTAPPをインストールすることもできます。

 

同時に、paypalを使用して支払いを回収する場合、購入者向けの180日間のショッピング保証があることをウェブサイトで強調することもできます。これにより、消費者の信頼を高めることもできます。

 

 

4.返品対応を強調します

 

細かい返品と交換のポリシーにより、消費者はあなたのウェブサイトで注文する自信を得ることができます。

完全な返品ポリシーを説明するページを作成し、Webサイトの上部または下部のメニューバーに配置します。

ウェブサイトに画像を掲載して、返金保証を強調します

 

 

5.オンラインチャットを提供する

 

統計によると、消費者の80%以上が、eコマースWebサイトを閲覧するときに、オンラインチャットを通じ問い合わせします。これは、ほとんどの消費者がオンラインチャットを使用してショッピングの質問をする傾向が大きいです。

正直、国内外でタイムラグがあり難しいです。ウェブサイト上にSkypeまたはWhatsAppを追加すると、消費者は質問があればすぐにあなたに連絡できます。

 

 

6.詳細な製品情報を提供します

 

これは実際には商品ページの最適化です。消費者が知りたいことをできるだけ詳しく説明する必要があります。たとえば、バッグを販売している場合は、バッグの重量、サイズ、素材等。

同時に、商品の説明に商品の動画を挿入することを強くお勧めします。動画は商品の最も直接的な表示であることがよくあります。動画がない場合は、商品の高解像度の写真をさらにいくつか説明に入れてください。

 

 

7.FAQを追加します

 

よくある質問は、通常別のFAQページを作成し、消費者がこのページで詳細に質問する可能性のあるいくつかの質問に答えることです。

例:https://www.inspireuplift.com

 

 

 

注文を出すよりも信頼が重要

消費者があなたの店に信頼を持っていてからこそ注文に繋がります。

Shopifyストアに注文が発行されていない場合は、Webサイトが消費者に信頼感をもたらしているかどうかを確認することをお勧めします。

また、自分も顧客の立場から、Webサイトにアクセスして再度閲覧し、消費者に与える第一印象を注意深く確認することもできます。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

トップ