MENU

news

お知らせ

2021年06月01日

Shopifyでどうやってストアを開くのか? 初心者向けショップオープンQ&A

 

 

 

 

01.Shopifyに登録するには会社が必要? 

 

shopifyは営業許可書をアップロードする必要がないため、個人でも登録可能です。

ただし、現在、Shopifyでは、支払い方法で企業のPayPalの必要性を制限しています。企業PayPalをログインする時営業ライセンスを提出する必要がありますが、クレジットカードの支払い選択ができれば問題ありません。

 

 

02.1人でいくつのShopifyストアを開くことができますか? 

同じコンピューターに同じ IP でログインできますか?

 

shopifyは、Amazon Shopee などのすべてのプラットフォームとは異なります。その自由度は非常に高く、アカウントが停止になる問題もなければ、複数の独立したショップを開くか、国内の IP を直接選択してログインすることもできます。申請資料でも同じメールボックスと同じクレジットカードを使用できます。Shopify内で構築されたWebサイトであり、ルールもそれほど多くありません。また、同じメールで複数のshopify販売サイトを登録する場合、ショップの関連を付けて、バックグラウンドで異なるWebサイトに直接切り替えることができます。

 

 

03.Shopifyのアカウントが停止されるリスクは高いでしょうか?

アカウントがブロックされている場合、申し立てることはできますか?

 

Shopifyのアカウントが停止される可能性は非常に低く、過去に停止されたアカウントの99%は最初の登録時に発生しています。ログインページ提示された注意事項を守って登録していただければ、基本的にブロックされることはありません。次に、初期登録で代理IPを使用してしまったと、販売中にパテント侵害で申し立てられたということです。それ以外の原因でアカウントが停止になった事例はほとんどありません。そのようなケースも非常にまれです。

 

 

04.ストアカタログで分けていますか?

 

Shopifyショップは分類目的ではありません。違法な商品を売らない限り、ご自身のサイトですのでほとんど何でも売ることができます。商品、仮想製品、デザイン、自分の時間すら販売することができます。

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

 

トップ