MENU

news

お知らせ

2021年05月28日

Shopify の売り手はGoogleのShopping Graphで複数のプラットフォームにて展示を実現

 

 

 

Googleは5月19日に、Shopifyと協力することを発表しました。

 

それまでに、Shopifyの170万を超える販売者が、Googleの製品を使用して、より正確な消費者グループとつながり、より良い消費者体験を提供する予定です。プロジェクトが正式に開始された後、Shopifyの販売者はGoogleマップ、Google検索、さらにはYouTubeでさえ、Shopifyの販売者に展示のルートを開通します。

 

5月19日はGoogleI / O開発者大会のリリース日であり、Samsungとの協力やAndroidシステムのアップデートなどの主要プロジェクトの「起動式」ですが、Shopifyとの協力につて、Googleは詳細を明らかにしていません。

 

先日、アマゾンは広告事業への投資を増やすと発表しました。ニュースによると、この動きがグーグルのコアビジネスであるグーグル広告に脅威を与えることになりかねます。よってGoogleはグーグルショッピングにアップグレードおよび調整措置など一連のリアクションをしました。

 

Googleの新しいプロジェクトであるShoppingGraphは、検索エンジン、YouTube、公開されている商品パラメータ、価格、レビュー、広告、その他の情報、ブランドや小売業者から取得した商品データなど、Googleのさまざまなプラットフォームで使用されます。消費者にとって「買い物をする時、各プラットフォームの価格を比較する」という手間を省くことができました。

 

ユーザーがGoogleの写真を見ると、閲覧した商品のスクリーンショットに興味があるかもしれません。このため、Googleはポップアップウィンドウを設定し、ユーザーがGoogleLenzを使用して写真内の商品へのリンクを見つけてから検索できるように提案しています。消費者は直接購入画面にジャンプします。

 

ショッピンググラフが正式にリリースされる前に、Googleはより多くの消費者とブランドを丸で囲んで「参入」する必要があります。これがGoogleが昨年無料で参入できる販売者をオープンした理由の1つです。Googleは売り手の増加が80%に達したというデータを発表しました。その中はほとんど中小な売り手です。

 

Shopifyとの完璧な組み合わせもこの目的のためのサービスです。

Shopifyの販売者をGoogleに全面的に連動することはできませんが、確率的に言えば、このサービスを選ばない販売者はごく少数だと推測できます。

 

ShopifyとFacebook、TikTok、Wal-Martとの協力は、すでに市場を興奮させています。第N番目になるというGoogleの意欲は、Shopifyが主導する独立したウェブサイト構築サービスに関する情報を示すのに十分です。

投資家もこの協力のニュースに満足しているようで、Shopifyの株価は当日3.52%上昇しました。

 

 

 

著者:CKB ECIC 直行便3号物販研究所

CKB (ELECTRONIC COMMERCE Institute CLUB) SNICE 2011年

CKBとは、THE直行便のスーパーネットワークや10年の物販経験を活かして、また各社との連携( アリババ本社、Amazon 、楽天 、SHOPYFY、BASEetc..) 中国、日本、アメリカ、シンガポール籍なスーパーセール研究員在籍のグローバルな研究学院。 各ECサイトの最新情報、計算ルールの変動、物販の最新トレンド、ランキングアップやSEO効率化、販売商品の選定、成功事例の分析など様々な情報を提供しています。 日本市場だけではなく、中国EC市場、東南アジアEC市場、欧米EC市場の現状や、進出ノウハウを徹底的分析と、分かりやすい文書で更新をしています。 日本セラーに向け、グローバルEC視野を発展させるために情報の提供をおこなっております。

 

トップ